調子の維持と変動方法

「ダービースタリオン マスターズ(ダビマス)」の調教での調子変動について。

レース前やレース後に調子をキープしたい場合や、下がり気味の調子を上げたい場合に行う調教パターンがあります。

スポンサーリンク

調子を維持する方法

レース前やレース後も馬の調子を維持したい場合、疲労度が低い以下の調教方法がおすすめ。

  • 「芝」+「馬ナリ」=芝なら「馬ナリ」でもスピードupに若干の効果
  • 「ダート」+「馬なり」=体質が低く、馬重減を減らしたくない場合
  • 「プール」=調子を維持しながら馬体重を減らしたい場合

%e8%aa%bf%e6%95%99%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%97

基本的に「芝」+「馬なり」で良いと思いますが、体質や馬体重の事を考えて他の調教と使い分ける感じになると。

もちろん、馬の体質や蓄積疲労度よっても疲労が取れにくかったりするので、すぐ調子を下げたりする場合もあります。

また、調子のキープも数週(大体4~5週)が限界で、それ以降は調子が下降する模様。

%e8%aa%bf%e6%95%99%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%86

後、疲労が溜まる調教は調子が変化し易いので、体重を落とす際は注意が必要です。

※調教の効果や疲労度、馬体重の減少についてはこちら

個人的には疲労度の少ない「ダート」か「坂路」で馬体重調整してますが、1週で2回調教すると調子の変動が早い気がするので、馬体重を減らす際は「強め」×2回よりも「一杯」×1回の方が良いんじゃないかなぁと思ってます。

※あくまでも体感部分なので、今後加筆修正する可能性もあります。

調子を無理やり上げる方法

調子の維持とは逆に調子が落ちた時に早急に調子を上げたい場合、調教を2回行って疲労を蓄積させたり、調子の変動効果が最も高い「併せ」調教を行う事で調子を変動(下降)させ、一度下がりきった調子を無理やり上向きにさせる事も出来ます。

ただ、馬体重の減少が大きくなる上に故障のリスクも高まりますが、どうしても目的のレースに間に合わない時などには必要になるかもです。

あとは、調教師のコメントで現状の調子を教えてくれるので、参考にしつつ体重と調子を整えていくのが良いかと。

放牧

最も調子を上げるのに楽なのは放牧でしょうか。

4週必要ですが疲労も回復し、馬体重が戻って調子も上向きになるので、落ちたスタミナ分を調教で取り戻してやれば、目的のレース前に調子を合わせやすい。

※通常の放牧で減少するスタミナは「ダート強め:4本分」と言われてます。

設備拡張で「温泉」を作っていれば放牧によるスタミナ減少を半分以下に抑えるようなので、余裕が出来たら作っておきたいのですが、非常に高額で維持費も高いので建設は計画的に。