【ダビマス】種牡馬のステータス 各項目の意味

種牡馬の能力の見方と「非凡な才能」について

スポンサーリンク

種牡馬の基本ステータスが産駒に与える影響

種牡馬の能力には「距離」「成長」「ダート」「体質」「気性」「実績」「底力」「安定」「非凡な才能」の9つの項目があり、

%e7%a8%ae%e7%89%a1%e9%a6%ac%e3%80%80%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88

それぞれの値によって産駒に与える影響が変わって来ます。

ゲーム内ヘルプに記載があれば確認する所ですけど、残念ながらなかったのでダビスタ初プレイの方は気になってたと思います。

距離

その馬が能力を発揮できる適性距離。
産駒のスピードとスタミナに影響するとも言われており、

1000~1600m 短距離 スピードが付きやすい
1800~2200m 中距離
2400~3600m 長距離 スタミナが付きやすい

下限が1000mに近いほどスピード、上限が3600mに近いほどスタミナが付きやすくなるみたいです。

成長

馬の成長には「早熟」「普通」「晩成」の大きく分けて3タイプあり、能力を発揮できる期間が異なる。

成長タイプ ピーク時期の目安
 早熟 3歳
 普通 4歳
 晩成 5歳

この成長タイプも産駒に受け継がれやすく、ピークを過ぎると能力が徐々に衰えて行くので、引退のタイミングをタイプ別である程度図れるかと。

詳細を馬体解析センターで確認してみると、

%e8%a7%a3%e6%9e%90%e3%80%80%e6%88%90%e9%95%b7

「成長タイプ」はゲージが6マス分かれているので、過去のダビスタシリーズから照らし合わせると

ゲージ 成長タイプ 成長のピーク時期の目安
1マス目 超早熟 2歳6月~3歳12月
2マス目 早熟 3歳1月~4歳6月
3マス目 普通早 3歳6月~4歳12月
4マス目 普通遅 4歳1月~5歳6月
5マス目 晩成 4歳6月~5歳12月
6マス目 超晩成 5歳1月~6歳6月

こんな感じになるんじゃないかなと。

ダート

その馬のダートレースに影響する適性。

得意
普通
苦手

この適性が低い馬は、ダートレースの時にスピードダウン補正を受けて能力を発揮しにくい。

尚、この適性によって芝レースが得意になったり苦手になったりする事は無く、単純にダートのみに影響を与えるので、高ければ高いだけレースの選択肢が増える。

体質

その馬の健康面。配合時には産駒にも影響を与える。

A 丈夫
B 普通
C 虚弱

体質が低い馬の特徴
・調教で故障怪我の発生確率が上がる
・疲労回復が遅く、調子を落としやすくなる。

配合で「クロス(インブリード)」を発生させると体質低下の可能性が上がり
「アウトブリード」で体質向上に効果がある。

気性

その馬の性格で、産駒にも影響を与える。

A 素直
B 普通
C 荒い

気性が荒い馬の特徴
・イレ込みやすくなり、レースでは多くスタミナを消費する可能性が上がる。
・レースで出遅れたり、騎手の指示を無視する確率が上がってしまう。

配合で「クロス(インブリード)」を発生させると気性悪化の可能性が上がり
「アウトブリード」で気性向上に効果がある。

実績

産駒へ伝える能力の高さに影響する。

A 高い
B 普通
C 低い

種牡馬の持つ能力を上手く伝える事が出来るかどうかに影響するので、重要な要素。
実績Cだからと言って強い馬が産まれないわけではないけど、高ければ高い程良い。

底力

その馬の勝負根性で、産駒にも影響を与える。

A 強い
B 普通
C 弱い

勝負根性が高い馬は、ゴール前の直線での競り合いに強くなり、反対に低い馬は競り合いになると失速するので、2着になって取りこぼす事が多くなる。

安定

繁殖牝馬の能力の伝えやすさ。

A 安定
B 普通
C 不安定

母馬の能力を安定して受け継がせれるかに影響するので、優秀な繁殖牝馬には安定Aの種牡馬を付けると確実性が上がる。

逆に安定が低いと母馬の能力を伝える精度にムラが出来るので、輩出産駒の能力に安定感はないものの、極稀に親の能力を遙かに超える名馬が産まれる事もある。

非凡な才能

その馬の持つ個性・特殊能力のようなもの。

以下のような感じで「非凡な才能」を持っている馬もおり、産駒に受け継がれる可能性がある模様。

%e7%a8%ae%e7%89%a1%e9%a6%ac%e3%81%ae%e8%83%bd%e5%8a%9b

※「非凡な才能」にはいくつかの種類があるようです。

詳細が判明次第追記したいと思います。