【ダビマス】晩成タイプの入厩タイミングと気になるコメント

「ダビマス」の成長タイプ「晩成」について

馬体解析した場合は以下のような感じですぐに成長タイプが判明しますが、入厩前のなつきのコメントにはちょっと気になる点が。

スポンサーリンク

晩成の入厩タイミング

馬体解析でも確認しましたが、
こういうコメントが出てくる時の産駒の成長タイプは今の所5/5で「晩成」になってます。

 

 

で、このコメントの気になる点は、「入厩は遅めがいいかもね」といった内容になってる事。

早く入厩した方が良いのか、遅い方が良いのか気になる所ではありますが、「晩成タイプ」を早めに入厩させても、産駒が成長しきってないので2~3歳ではどれだけ調教しても一定の能力に達すると伸びない模様。

ピークに近づくにつれてその馬の最大能力値に近づくとの事なので、遅めに入厩させて調教を始めても問題ないと思うし、早めに入厩させて併せ調教で勝負根性気性の向上を図るのも選択肢かなと。

とりあえず「晩成」なら最初は未勝利やOPなど重賞以外のレースに出る事が多くなりそうなので、「特別調教」で才能開花させやすいから、自分は入厩可能となる9月から特別調教を含めて調教を開始してます。

デビュー戦や未勝利戦など、1~2戦で才能開花もさせる事も出来ますし。

実際には目に見えない何かの要素(入厩が遅い方がピーク時期が後ろに伸びるとか)あるかもしれませんが、現状では詳細は分かってないので、何か判明次第追記したいと思います。